風呂の残り水をトイレに
住宅の屋根にソーラーパネルを設置して自宅で発電をしているように、トイレの近くにポリタンクを改良した「家庭用ダム」を設置して風呂の残り湯を貯めておきます。

おしり洗浄には上水道の水を使用しますが、排便を流すのは「家庭用ダム」から自動的に補給されたトイレの貯水タンクの水を使用します。上水道の節約が出来ます。

(下図参照)

風呂からタンクまではバスポンプを使用していて、タンクが満タンになると自動的に停止するようタンク内にセンサーを設置しています。

  ポリタンク(200L)とモーター              システム概略図