[地球上の水は有限]

地球上にはどれくらいの水があるのでしょう。
報道資料によると、生まれたばかりの地球は熱く燃えていましたが、徐々に冷えてくると水素と酸素が結合して水が地球上に生まれ、現在、1,384,518兆立方メートルの水があると言われています。
そのうち、塩水が97.5パーセントを占めています。
淡水は2.5パーセントで、そのほとんどが南極などの氷のため、人間が利用できる淡水は湖沼、河川、地下水、(浅層)の4,651兆立方メートル、0.3パーセントにすぎません。
 また、すべて使うことはできないため、最大でも陸から海への流出量である40兆立方メートル、0.003パーセントといわれています。
 いくら多くの水があっても、人間の考えは及ばない自然の力で海水→水蒸気→雲→雨→山→ダム→川→水源地→家庭、工場→川、下水→海・・・と循環しており、それも希望する地域には降らない、限り有るものです。